たんかんニュース!

どれほど流行りのスタイルのファッションに身を包んでいたとしても、髪型やメイクが決まっていなれば、せっかくのオシャレも台無しになってしまうもの。つい面倒で、髪の毛のセットを手抜きしてしまいたい気分のときもありますものね。男性のみなさんは、どんな髪型を見ると残念に感じているのでしょうか。働く男性にお話を聞いてみました。
1

■前髪ぱっつん
・「前髪ぱっつん。そうとうかわいくないと似合わないと思う」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「前髪ぱっつん。日本人形かと思ってしまう」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「前髪ぱっつん。あまりかわいいとは思わない」(24歳/運輸・倉庫/営業職)

いくら流行の髪型であっても、誰もが似合うというわけではありません。前髪ぱっつんなどのように、その髪型自体が特殊であったりすると、人によっては残念な結果になっていることもあるようですね。

■ベリーショート
・「ベリーショート。美人の子でなければ似合わない」(35歳/建設・土木/技術職)

・「ベリーショートは男っぽくなって難しい髪型だと思う」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ベリーショート。女性らしさがなくなるから」(33歳/小売店/事務系専門職)

ベリーショートの場合、かなり短くすることになりますよね。似合わなかった場合、元に戻すことは困難ですから、バッサリ行く前にきちんと確認しておくことも大切ですね。

■ロングヘア
・「長すぎる人。長い髪の女性は素敵だが、あまりに長すぎるとガサツなイメージになってくる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「髪の毛が腰くらいまであるロング。清潔感がなく不衛生な感じがするしいちいち髪の毛が気になって仕方がない」(38歳/金融・証券/営業職)

・「ロングヘア。正直邪魔ではないかと思います」(36歳/学校・教育関連/その他)

女性の長い髪は魅力的ですよね。ですが、長くなればなるほど手入れが大変になってくるもの。トリートメントも大切ですし、洗ったあとは必ず乾かすことも大切ですよね。

■髪がボサボサ
・「ボサボサヘアは残念だなと感じますね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「手入れしていないボサボサな感じ」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「ボサボサしている。だらしないから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

手入れができていなくてボサボサであれば、きちんと手入れをするようにすれば問題はありません。ですが、きちんと手入れをしているのにもかかわらず、ボサボサになってしまうこともあります。手入れが間違っていることもあるので、一度見直してみたほうがいいかもしれません。

■まとめ
多くの女性にとって髪の毛は命ともいえるのかもしれません。それほど髪の毛や髪型にこだわる女性は多いですよね。ですが、中には残念なことになっているケースもあるようです。基本としては・・・元記事

▼スポンサーリンク

気になっている男性を落とす「モテテク」としてよくボディタッチが挙がりますが、やりすぎは要注意です。今回は、社会人男性に「やりすぎだと思ったボディタッチ」について聞きました。
1

■胸
・「胸に触ってくる。ちょっと痴女っぽく感じるから胸に触ってくる」(36歳/情報・IT/技術職)

・「胸元を触ってくる女性。寒気がした」(37歳/金融・証券/営業職)

いきなり胸を触られたら気持ち悪いですよね。女性が同じことをやられたら「痴漢!」と騒ぐはず。自分がやられて嫌なことはしないようにしましょう。

■太もも
・「太ももを執拗に触ってくる」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「太ももをさすってくる人は少し引きます」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

タッチしている側は自然にタッチしていると思っても、人によっては「執拗」と思われる場合も。

■○○を絡める
・「手をつなぐと気に女性の側から指を絡めてくるのはやりすぎだと思うし、こそばく感じるのでなるべくやめてほしい。必要な時には自分からしたいタイプです」(38歳/金融・証券/営業職)

・「腕をからませてくる。彼女ならいいんですが、そうでもないのに慣れなれしいと突き放したくなる」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「居酒屋で隣りあった時、黙って指を絡めてきた」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

付き合っているわけでもないのに手や腕を絡めるのはさすがにやりすぎな気もしますね。

■肩
・「頻繁に肩を触ってくる女性。馴れ馴れしすぎてだんだんイライラしてくる」(28歳/情報・IT/技術職)

・「肩を組んでくる バカにされた気がする」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

意外に「嫌だ」と思う男性が多かったのが「肩」という回答。距離が近い分、まだそれほど親しくない相手にやられるのは嫌なようです。

■まとめ
異性を惹きつけるテクの一つとして推奨されているボディタッチですが・・・元記事

▼スポンサーリンク

女性にもムダ毛が生えていることはわかっているけれど、きちんと処理されているのが当然。男性の中には、そんな風に思っている人も少なからずいますよね。でも、女性もうっかりムダ毛の処理を忘れてしまうことはあるもの。今回は、ムダ毛が見えるとゲンナリする女性の体のパーツについて、男性たちに聞いてみました。
gif

■ワキ毛
・「ワキ毛。最低限処理しておいてほしい場所だから」(33歳/電機/技術職)

・「ワキ毛。なかなか見えないところであるが、マナーとして手入れはしておいてほしい」(38歳/情報・IT/技術職)

・「ワキ毛。夏場に電車の中などで見えてしまうと、引いてしまうから」(34歳/医薬品・化粧品/技術職)

半袖やノースリーブを着る時期には、さすがに処理を忘れるという女性はいないでしょうがそれ以外の季節にもしっかりと処理しておきたいのがムダ毛。ふとした瞬間にワキ毛が見えると、身だしなみができていないと思われてしまうことも少なくはなさそうです。

■鼻毛
・「鼻毛ですね。顔の毛は全般的にカンベンしてほしい」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「鼻毛。どんなに美人でも台無し。そういうところのケアは気をつけてほしい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「口元。おじさんみたいだから」(31歳/機械・精密機器/技術職)

面と向かって顔を合わせた瞬間に目に付く鼻毛や口元のヒゲ。メイクをするときにも見えていたはずなのに、どうしてそのままにしてあるんだろうという気にもなりそうですね。どんなにキレイにしていても、ムダ毛があるだけでそこにしか目がいかなくなりそうです。

■目につきやすいパーツ
・「指毛。爪をキレイにするくらいだから、当然そこも整えているだろうなと思うから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「腕。目に付きやすい部分なので」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「スネ毛。よく見える部分なので、きちんと処理しておいてほしい」(28歳/その他/その他)

洋服を着たときに見えてしまうパーツはムダ毛がない状態にしてほしい。腕や脚など様々な部分のムダ毛が気になってしまうという男性も多いようですね。キレイにネイルを仕上げたのに指に長い毛が残ったままというのも、男性から見るとゲンナリしてしまう対象になるみたいですよ。

■まとめ
全身のムダ毛を徹底的に処理するのは、時間も手間もかかるので少しくらいは見逃してくれればいいのにと・・・元記事


▼スポンサーリンク

ペットを飼っている人が妊娠をすると、「おなかの赤ちゃんに悪いから、飼うのをやめなさい」と言われることがあります。でも、すでに犬や猫と家族のように暮らしている人たちにとって、妊娠したからといってペットを手放すことはできないもの。本当にペットは赤ちゃんに悪影響なのでしょうか? 今回は、ペットにまつわるウソ&ホントに迫りました。

■本日の「ソボクな疑問」
Q.赤ちゃんとペット(犬・猫)が一緒に過ごしちゃダメってホント? 

<読者の声>

・感染などが怖いので、赤ちゃんとは離すほうがいい。(24歳/医療・福祉/専門職)
・やっぱり動物なので、ばい菌は気になる。ある程度の年齢になるまでは動物に触れさせないほうがいいかもしれない。(25歳/食品・飲料/専門職)
・赤ちゃんのころからペットがいると、アレルギーになりにくいと聞いたことがあります。(31歳/情報・IT/営業職)
・新生児の間は猫とは一緒じゃないほうがいいと聞きましたが本当ですか?(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■尾西先生のアンサーは!?
答えは……
「う~ん」です!

赤ちゃんの情操教育という意味ではプラスの効果があります。まず、ペットと一緒に過ごすことのメリットですが、小さいうちからペットを育てると、いろんなものを愛しむ心が育ちます。またお世話をすることで、義務感・責任感が生まれ、注意力・観察力も養われます。そして自分より先に亡くなってしまうことから、世の中には自分の力ではどうしようもないことがあるのだと、死ぬことや生きることの意味について、自然と学ぶことができます。

一方で、衛生面を考えると感染症の問題があります。犬は犬回虫やフィラリア、猫はトキソプラズマといった寄生虫を持っている場合があるほか、体についているノミやダニを介して細菌感染につながることがあります。

また、ペットの唾液腺や汗腺、皮脂腺から作られるタンパク質が犬アレルギーや猫アレルギーを引き起こすとも言われています。ただそれとは反対に、「アレルギーになりにくい」というアメリカの報告も。妊娠中や出産後すぐからペットと触れ合っていると、花粉症をはじめとするさまざまなアレルギーにかかりにくくなるとのこと。もともと人間は抗原に対して攻撃するようにできているのですが、小さいころから触れ合っていると、ペットの抗原を悪い物だと認識しなくなり、結果、さまざまな抗原に対しても過剰に反応しなくなるのだそうです。

「新生児の間は猫とは一緒じゃないほうがいい」という声については、おそらくトキソプラズマのことを言っているのだと思います。免疫力の弱い新生児がかかると重症になる危険がありますが、むしろ妊娠中のほうが注意が必要です。妊娠中にトキソプラズマに初感染すると、胎盤を通して赤ちゃんに感染してしまい、いろいろな病気の原因になってしまう可能性があるからです。ただ、一度かかっていれば基本的に再感染はしないと言われており、妊娠前から猫を飼っている人はご安心を。と言うのは、オーシストと言われる感染性を持つ形態のトキソプラズマは猫の糞から排泄されますが、これが排泄されるのは感染したあとの1~3週間のごく限られた期間だけです。つまり3週間以上家の中で飼っていれば感染の機会はないので安全と考えられます。ただし、生肉やネズミにもトキソプラズマがいて、食べると感染の危険があるため、そういったものを猫が食べないようにしてください。また生水や土などにもトキソプラズマはいるので、妊娠中は「土いじりをしない」、「キレイに洗っていない野菜を食べない」、「火の通っていない肉を食べない」ようにしてください。

さらに、日本の飼い猫のトキソプラズマ陽性率は1%程度ととても低いので、今飼っている猫を手放すようなことはせず、心配な方は動物病院で血液検査をしてみてください。陽性の場合はすでにその猫は一度かかったことがあるので抗体を持っており、感染源となる可能性は低くなります。逆に陰性の場合、10日後に再度調べて陰性であれば感染した経験がまったくないと判断します。その場合は、飼い猫を外に出したり生肉を与えないようにしましょう。再検査で陽性と出た場合は、最近感染した可能性があるので妊婦には危険な状態と判断します。その際は医師の指示に従いましょう。

このような理由で、妊娠する前から飼っているペットであれば、そこまで感染症を心配する必要はありません。動物病院などで予防接種や寄生虫のチェックなどもしてもらっているでしょうから、安心して飼い続けていいと思います。ただし、ノミやダニはキレイに洗っていても3日で元に戻るそうなので、舐めたりキスしたりなど、赤ちゃんと接触させすぎないことも心がけておいたほうがいいですね。

さまざまな要因を考えると、妊娠中や産後すぐにペットを飼いはじめるのは避けたほうが・・・元記事

▼スポンサーリンク

女子の思う「女子力が高い人」といえば、センスがありオシャレ上手で、そこにいるだけでキラキラ輝いている人。ただ男性目線から見ると、またちがうかも? そこで社会人男性に、男目線でどういう女性が「女子力が高い」と思うかを聞いてみました。
1

■整理整頓・掃除がちゃんとできる、清潔感がある女性
・「自分のデスクが整理整頓できており、かつ、オフィスの共有のゴミ箱なんかがちらかっているときれいにしているような女性」(38歳/電機/技術職)

・「掃除がちゃんとできると女子力が高いと感じる」(28歳/金融・証券/専門職)

・「見た目も生活も清潔感があると、好印象に思う」(26歳/農林・水産/技術職)

男性が女性に対して重視することが多いのが「清潔感」。見た目はもちろん、実生活でも整理整頓上手で掃除上手で清潔さをきちんとキープしていることが大事とか。身の回りをいつもキレイにしているだけで、男性から「女子力高っ!」と思ってもらえるかも?

■細かいところまで、気が行き届いている
・「細かい所にも気を使っている。例えば爪や靴の痛み具合など」(34歳/情報・IT/技術職)

・「細かな気遣いのできる女。痒い所に手が届くとポイント高いよね」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「普段使っている小物もかわいい物で揃えていたら女子力高いと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

忙しいとついつい手抜きしがちな爪や靴のお手入れや、雑多に扱いがちな小物をいつもキレイにキープし、整えている女性は「女子力高い!」と男性も感心してしまうとか。また身の回りの手入れだけでなく、周囲への気配りもこまめにできるとさらに好印象なよう。

■人に優しく、笑顔のある女性
・「笑顔が癒される。やさしい。いつも笑っている。一緒にいて気持ちよいから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「身だしなみがキチッとしていて、前向きで老若男女に対してやさしい人」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

人に対して優しくできる女性も、男性から見て「女子力の高さ」を感じられる人のよう。確かにどんな人にも親切にしてあげられ、笑顔がきれいな女性は見ていて気持ちがいいですよね。まるで天使みたいに見えそう?

■家事ができる女性
・「器用に家事をこなすタイプ。ほかのことにもいきて来そうで、総合力の高さを感じさせる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「気配りができて、家事ができる。男性が苦手とするところができる人はいいなぁと思うから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

家事ができる女性は総合力の高さを感じさせて、「女子力も高い」と感じてもらいやすいとか。上記意見のように家事が苦手な男性が多いせいか、余計にキラキラして見えてしまうのかもしれませんね。

女性が思う女子力の高さと、男性の思うソレとではこんなにちがいが! 当たり前のことをきちんとこなせ、毎日を丁寧に生きている女性は・・・元記事

▼スポンサーリンク

「絶世の美女」と話題になった人がいると、必ずといっていいほど、その人の出身地がクローズアップされますが、出身地と顔の美しさは関係があるのかもしれません。社会人の男性が「かわいい」と感じる女性は、どこの出身者が多いのでしょう。美人量産県だと思うところを挙げてもらいました。
1

Q.かわいい女性が多いと思う都道府県はどこですか?

1位 秋田県 28.3%

2位 東京都 26.4%

3位 福岡県 15.05%

4位 北海道 7.5%

5位 兵庫県 3.75%

※6位以下省略

秋田県と東京都が20%を超える結果となりました。芸能人やモデルとして活躍している人が多いイメージがある場所がランクインしていますね。それぞれの理由を見てみましょう。

■不動の地位を誇る秋田美人……【秋田県】
・「秋田美人とも世間では言われていて、実際に美人と言われている芸能人、有名人も多くいる。秋田県に行けたら、『どれだけかわいい、そして美人な方が多いのだろう』と興味を持ちました」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「佐々木希や加藤夏希などスーパー美人の出身地だから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「肌が白い女性が多いから。雪国の女性は素敵だと思います」(33歳/金融・証券/営業職)

日照時間の短さによる肌の白さ、寒冷地ゆえの長身と手足の長さ、古くからの舶来による混血と、美人が生まれる条件を整っていると言われている秋田県。確かに秋田出身の芸能人を見れば、並外れた美人が多いことに気づきますね。

■日本中から美人が集まる場所……【東京都】
・「人口分布から言って絶対数は多いと思う」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「地方からきれいな女性が集まっていると思うから。オシャレな洋服もたくさんあって、よりきれいな女性を引き立てていると思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「あか抜けた美人がたくさんいると思う」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

東京の美人はもともとの美しさもさることながら、都会の波にもまれて形成された洗練されたセンスも特徴的です。進学や就職を機に、地方からの上京者も多いため、結果として美人がたくさんいると考える男性も多いようです。

■芸能人を数多く輩出……【福岡県】
・「アイドルや歌手も出身地の方が多く、福岡美人は確かだと思うから」(37歳/金融・証券/営業職)

・「キレイでのりのよい女性が多い。芸能人も多く輩出しているし、おばさんたちもキレイ」(38歳/情報・IT/技術職)

福岡県の芸能人輩出率はとても高く、その中でも多くの人が有名になって大成しています。美しいだけではなく、表舞台に向いている華がある人が多いのかもしれませんね。

■上品でおしゃれなイメージ……【兵庫県】
・「神戸など、おしゃれな女性が多いと思うから」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「神戸は上品でキレイな人が多いイメージ」(33歳/運輸・倉庫/その他)

異国情緒あふれる街は全体的におしゃれで、ファッションにおいても独自の進化を遂げてきた兵庫県。生まれたときからおしゃれな空気に触れていることは、その後の成長にも大きな影響を与えそうですね。

■まとめ
日本人は単一民族ではないため、出身地域によって顔に特徴があることは当然かもしれません。また、その人が持っている空気感も・・・元記事

▼スポンサーリンク

労働者にとっては当然の権利なはずの「有給休暇」。でも現実は、なかなか自分の好きなときに取れないのが現状ですね。働く男女に、これまで有給休暇の取り方で、非常識だと思った理由や迷惑をかけれたエピソードについて聞いてみました。
1

■●●のために有給消化
・「アイドルのコンサートに行くからといって有給休暇を取る」(36歳男性/情報・IT/技術職)

・「ディズニーのパレードをどうしても平日に見に行きたいと有給を取って驚いた」( 32歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「配属早々の新入社員が、「バーゲンに行くので休みます」と言ってきたとき。せめて秘密にするか仕事を覚えてからにしてほしい」( 36歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

何に使おうが個人の自由といわれれば、その通りですが、誰かが仕事のフォローをしなくてはいけなくなることもあります。理由が個人の趣味の場合は、ごく仲のいい人にだけ真実を話して、あとはうまくごまかしたほうがいいかもしれませんね。

■体調不良?
・「ほかの人がまったく取れていないにも関わらず、急に体調を崩したなど言い訳して休む。次の日体調が悪かったことなど忘れてはしゃいでいること」(31歳男性/医療・福祉/専門職)

・「親睦会の次の日に、二日酔いで休んでいる人」(29歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「歯が痛くて休みますと言った、他部署の先輩がいた。あきれてしまった」(31歳女性/金融・証券/専門職)

二日酔いや歯が痛いといった理由は、体調不良は体調不良でも周囲が「休むほどのこと?」と眉をひそめるようです。また二日酔いは病気ではなく飲みすぎからくるので周りの反応も冷ややかなよう。

■責任感の無さから……
・「修学旅行に有給とか。担任なのに」(36歳男性/学校・教育関連/その他)

・「職場での旅行や飲み会に行きたくないからと言って、その日に有給をとっていた」( 33歳男性/学校・教育関連/ 専門職)

・「やる気が起きないからといって、すぐに有給を使用してしまう」(33歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「新人が仕事始めに有休を使っていたこと」(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

人それぞれの考え方があるにしても、社会人としての責任がないですね。自分勝手すぎると、職場で孤立してしまうかも。

■期間が長い
・「大型連休で休んだ後にあと連休で休んでいた後輩がいた」(29歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「夏休み5日プラス土日4日ぶっ通しで休んだ人」(32歳女性/ 団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

旅行会社などのTVのCMでも、今年は◯日を休めば10連休というようなことを聞きますね。とはいえ本当に長期休暇をとると、周りから顰蹙をかうようです。

■バットタイミング
・「繁忙期でも平気で休みを取っていた」(37歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「みんなが忙しい時に、まとまった有給を遠慮なくとる人」(36歳女性/その他/事務系専門職)

・「年末年始前に連休取ると忙しい時期なのでかなり迷惑」(37歳女性/医療・福祉/その他)

家庭の事情など、どうしても休みをとりたい時を除いて、繁忙期に休むのは、確実に同じ職場の仲間に迷惑をかけるので非常識と言われても仕方ないですね。

・「辞める前に1カ月休んだ。ありえへん」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「よくあることらしいが、辞める時に有給休暇をすべて消化して辞めていくのは勘弁してほしい。しわ寄せがまわりの社員たちに来てしまって大変」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

最近は転職休暇とも言われているようです。立つ鳥跡を汚さずともいいますし、その後どこで誰に会うかわかりません。あまりに長期間に渡って有給を使うのは考えものです。

■突然、休む
・「プロジェクトの進行締め切り日に、引き継ぎ無しで突然休んだ。ほかのメンバーに伝えていなかった」(37歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「前日に『旅行にいくから休む』と申請を出した先輩がいる。 突然すぎて、いない期間の仕事カバーをするのが大変だった」( 33歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

一緒に仕事をしている仲間に迷惑がかかるとわかっていて、休みをとるのは理由にもよりますが、その後の人間関係にヒビが入るかもしれません。小さなヒビでも少しづつ広がっていくと取り返しがつかなくなるので、注意したいですね。

・「関西出張のとき、実家が関西の同僚がそのまま翌日から有給休暇を取得し、帰省してしまったこと。行きの旅費は会社の経費なのと、出張2日目からいなくなったことと二重に驚いた」(32歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

知能犯というべきか、単に変わった人だったのでしょうか?その後が気になります。

・「当日にLINEで『今日、有休でもいいですか』と聞いてきた」(28歳女性/ソフトウェア/技術職)

・「寝坊したので1日全部休むという人」(26歳女性/電機/秘書・アシスタント職)

まさに非常識の典型ですね。学生気分が抜けないのでしょうか? もし友人だったらアドバイスしてあげましょう。

■まとめ
有給休暇は取る権利がある休暇です。しかし・・・元記事

▼スポンサーリンク

恋人でも友だちでも男女問わず性格が悪い人とは付き合いたくはないですよね。ただ一口に「性格が悪い」と言ってもいろいろなタイプがありますが、「根性が悪い」こともそのひとつに入るのではないでしょうか。今回は、社会人男性に「根性が悪そうだな」と思う女性の特徴を聞きました。
1

■悪口ばかり
・「人の悪口ばかり言っている」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「裏で同僚の悪口を言っている」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

非常に多かったのが「悪口を言ってばかり」という回答でした。悪口を言ってストレス解消になる場合もありますが、言う相手とまわりの環境を考えましょう。意外に人は見ているものです。

■ネガティブ
・「嫉妬深い。すぐに妬んで嫌がらせをされそうだから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「卑屈すぎる。話がつまらない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「何かしら人のアラ探しをしていてネガティブになっている人」(38歳/金融・証券/営業職)

卑屈や嫉妬深かったりネガティブな感情を抱えている人とも付き合いたくはないですよね。他人と自分を比べてしまっているのかもしれませんが「他人は他人、自分は自分」と割り切りましょう。

■人によって態度が変わる

・「男性と女性とで接する態度が変わる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「イケメンじゃないと、態度が超悪い。イケメンを見た時だけ急にへりくだる」(37歳/機械・精密機器/営業職)

人によって態度が変わるというのも仕方がない部分はあるかもしれませんが、あからさまな態度は嫌われるようです。

■お金に汚い
・「付き合う男がいつも社長。男がお金にしか見えていないのかなと感じる」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「お金の支払いにとことんまでこだわる」(31歳/機械・精密機器/技術職)

お金に汚い女性もいやですね。あまりにもお金ばかりにこだわるとせっかくの出会いや幸運が逃げていきそうです。

■まとめ
いかがでしたか? 上記に挙がったような人とはたとえ恋人同士ではなくても・・・元記事

▼スポンサーリンク